お金を借りる方法!銀行や消費者金融が大本命!

更新日:

毎日の生活の中で必ず必要になってくるものといえば『お金』です。残念ですが、お金がなければ夢を追うことも自分の大切な人を守る事もできないという厳しい時代を私たちは生きています。しかし、お金を稼ぐことはなかなか容易な事ではありません。生きていく中でまとまったお金が急に必要になる時は必ずやってきます。そんな時、自分の貯えだけでは対応できないこともよくあるでしょう。そういった場合は、どこからかお金を借りるしか選択肢はありません。

お金を借りる方法といえば皆さんはどんな方法を思いつきますか?銀行での融資や消費者金融、クレジットカードを活用するなどお金を借りる方法はたくさんあります。いざという時の為に、お金を借りる方法について知っておくのは大切です。こちらのページでは”お金を借りる方法”について簡単にまとめてみました。

銀行からお金を借りる方法

銀行の看板
最初に銀行からお金を借りる方法について考えてみましょう。最も誰もが身近な信頼できる金融機関と言えば銀行ですね。銀行には数多くのローンが準備されており利用用途によっては金額も高額で低金利でお金を借りる事ができるのが魅力です。銀行でお金を借りると一言でいっても方法はたくさんあります。大きく下記の二つに分けられます。

  1. 使用用途が限定されているローン
  2. 使用用途が自由なローン

使用用途が限定されている目的ローン

銀行のローンには借りたお金の使い道が限られている「○○ローン」という、目的ローンと言われるものが主体の商品となっています。

  • 住宅ローン
  • マイカーローン
  • 事業者ローン
  • リフォームローン
  • 教育ローン
  • 医療ローン

などが一般的にも認知されていると思います。目的ローンには高額の融資案件が多いため、担保を求められる事がよくあります。『担保が必要なの…』と担保と聞くと、いい印象がない方もいると思いますが、実際には担保の利用によって、より低金利な金利で融資を受ける事ができるのです。

また、最近では『おまとめローン』と言われる、複数の借入を一本化する多重債務を上手に管理できる目的ローンが注目を集めています。融資の使用用途が限定されている目的ローンは融資目的以外の事に融資を受けたお金を利用できないのが特徴で利用用途が明確に決まっていて、長期的で高額なお金を借りる時に適した、お金を借りる方法です。

使用用途が自由なローン

銀行ローンの中にも目的が決まってない融資に対応できる、ローンが準備されています。TVやネットで最近よく目にする事がある”カードローン”や”フリーローン”と言われる少額融資でも利用可能な銀行ローンが代表的な二つになります。

  • フリーローン
  • カードローン

「多目的ローン」とフリーローンを呼ぶ銀行もあります。融資金の利用用途は決められてない為、留学の費用や習い事・学費への利用も可能です。利用者に女性も多く女性専用のカードローンを準備している銀行も最近では珍しくなくなりました。一見するとカードローンとフリーローン同じ金融商品と思われがちですが、融資方法に大きな違いがあります。フリーローン契約完了後、融資総額が指定口座に振込まれます。それ以後、追加で融資が行われることはありません。

それに対し、カードローンでは専用のローンカード(キャッシュカードの様なカード)を利用して、出金が可能なATMから契約時に定められた利用限度内の必要な金額だけ引出しする事ができる。というシステムになっています。利用限度内で自由に何度でも借入を行うことができ。仮に、限度額いっぱいを借入しても、返済をすれば元金分を再度借入する事ができます。利息に関しては借入を行った金額と借入日数で計算されます。

この二つのローンは他の金融機関の商品に比べて比較的低金利での利用が可能です。銀行の運営するカードローンの為、総量規制の対象外となっている事で高額の融資を受けることが十分可能です。

消費者金融からお金を借りる方法

消費者金融の看板
次に、お金を借りる方法として、浮かぶのはプロミスやアコム・アイフルを始めとする消費者金融です。銀行と違い消費者金融『お金を貸す』まさに専門科的なの業者です。そのため消費者金融にはユーザーを最大限サポートするサービスが豊富に整っています。しかし、必ずユーザーにとって都合のよいことばかりではありません。メリットが多い分、デメリットもあります。消費者金融を上手に利用する為にはまず、よく商品の違いを知っておくことが大切です。

それでは、消費者金融のメリットを具体的に考えてみましょう。

消費者金融のメリット

消費者金融を利用する上で他の借入より優れている点はスピーディーにお金を借りる事ができます。お金が必要になる時はいつも急を要する事が多いもので「明日までに15万円」や「今日の夕方までに。。」という事も珍しくありません。そんな時に申込んだ、その日にお金を借りることができたら、とても便利です。

消費者金融では、そういったニーズに対して即日融資でサービスを提供する事に特化していて、審査時間も非常に速く、業界最短時間は30分という消費者金融も珍しくありません。また、全国にカードを即日発行する無人契約機がある事や消費者金融ならではの手厚いサポートサービスが消費者金融の特徴です。

消費者金融のデメリット

逆にデメリットもあります。それは、銀行からお金を借りる場合に比べて金利が高いということです。審査や無人契約機の設置費用など、銀行にはないサービスを提供するためにはある程度のコストが消費者金融には必要な為、高めの金利設定になってしまうというわけです。その為、消費者金融でお金を借りる場合は、短期間で少額の場合がおすすめです。ここでいう少額とは100万円未満が適しています。長期的に高額のお金が必要な場合は、消費者金融の利用はあまりおすすめできません。

簡単に消費者金融のメリットとデメリットをまとめてみました。こちらの事を念頭に置くと、いざお金を借りる必要が発生した時に安心していただけると思います。

その他のお金を借りる方法

代表的なお金を借りる手段として銀行や消費者金融などの代表的な方法以外にも、国やクレジットカードを利用する事でお金を借りることはできます。

クレジットカードのキャッシング機能で現金の引き出し可能

クレジットカードにもキャッシング機能というものがあり、これを利用してもお金を借りることができます。しかし、消費者金融や銀行のカードローンと違い限度額はそれほど多くなく、特別なカードでない限り10万円~20万円ほどです。クレジットカードと暗証番号があれば、最寄りの提携ATM から引出すことができます。ショッピングローンとは違い、借入日から利息が発生するということを覚えておきましょう。

国からお金を借りる方法

金融機関の以外からお金を借りる方法として、国からお金を借りる方法があります。その代表的な一つとして、総合支援金があります。総合支援金は連帯保証人を確保する事ができれば、無利子でお金を借りることができ。連帯保証人がみつからない場合も年1.5%の超低金利となっています。この「総合支援金」は、就職難やリストラ、また減給などで安定した生活をすることが難しい人や高齢者・障害者の方への補助金制度で、この補助金を利用して生活を安定させて求職活動などおこない正当な生活に戻るための手助けとして利用されています。日本にはこうした救済制度が他にも充実しています。総合支援資金の申請窓口は市町村の社会福祉協議会にご興味のある方は一度相談に行くといいかもしれません。

お金を借りる前に知っておこう!

ここまでは、お金を借りる事のできる金融機関や国の制度がについて紹介しましたが、お金をいざ、こちらの記事でも紹介した「目的ローン」や「カードローン」で借りようと思うと利用するにあたって気になる事がいくつもあると思います。お金を借りようと思うと金融機関の審査や契約に担保が必要な場合があったりと意外と知らない事は多いものです。まず、目的ローンなどを利用する時に必要かもしれない担保についてご案内します。

担保って何?

まず「担保とは」...

  1. 将来生じるかもしれない不利益に対して、それを補うことを保証すること、または保証するもの。抵当。「土地を担保に入れる」
  2. 債務者が債務を履行しない場合に備えて債権者に提供され、債権の弁済を確保する手段となるもの。物的担保と人的担保とがある。
  3. (特に、物品などの形 (かた) を取らないで)その事を保証するもの。「消費者保護実現の担保はない」「法律によって担保する」

Goo辞典

簡単に言うとお金を貸す側に対する保険が担保となります。万が一それを返済する事が出来なかった場合には返済の補てんにその担保は返金として貸し手に渡る事になります。銀行からするとこの担保の価値が高ければたいほど安心してお金を貸すことができます。担保にはおおきく分けて二つの種類があります。

  1. 人的担保
  2. 第三者に対して、債務者が返済不可能になった場合、代わりに返済してもらう制度の事。

  3. 物的担保
  4. 銀行で一般的なのは、こちらの物販担保で不動産や財産を担保として確保し、返済不能となった場合に返金として補てんする制度の事。

担保があるローンの場合、リスクにそれを思う方もいると思いますが担保はあくまで返済できなかった場合の保険なので、計画的に借入を返済していれば問題ありません。また、最近では住宅ローンの様な高額な借入の場合以外は手軽に利用ができる無担保・無保証人で利用可能なカードローンが低金利で人気を集めています。次にこのカードローンの審査についてご案内します。

カードローンの審査ついて

お金を借りようと思うと、あなたの前に立ちはだかる最初のハードルとして審査が考えられるのではないでしょうか?カードローンは基本的に数あるローンの中で審査の難易度は低めに設定されています。まずはカードローンの申込基準をご案内します。基本的には下記の二つになります。

  • 20歳から69歳以上の方
  • 安定した収入がある方

主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合お申込みする事ができます。そう、アルバイトやパートでも安定した収入として認められています。審査に対する不安が晴れてきたのではないでしょうか?次に金融機関への申込書類として必要な書類は下記になります。

  • 本人確認書類として「運転免許証」をお持ちでない方は「パスポート」
  • 収入証明書類

利用する金融機関によって収入証明書類は金額に応じて必要な場合があります。大手消費者金融のプロミスであれば、ご希望のお借入額が50万円を超える人やご希望のお借入額と他社でのご利用残高の合計が100万円を超える人でなければ収入証明書類の提出は不要で利用することが出来ます。

よくあるカードローン関する質問

審査の段階で会社に申込みがばれたりしませんか?

カードローンの審査の中には在籍確認が必ずあるとお考え下さい、在籍確認は審査重要項目の為、高い確率であります。一部の消費者金融では在籍確認を行う前に相談する事もできます。

家族にカードローンを利用してる事がばれたくありません

カードローンの利用を家族バレしたくない人は意外と多いです、カードローンを利用すると自宅に利用明細が送られてきて、家族バレや財布の中のカードで家族バレという事は考えられます。ですが安心してください、身近な人だからこそ、プライバシーをしっかり守れるサービスもカードローンには充実しています。利用明細はネットでDLする設定にする事もできますし、カードレスで利用できるカードローンも最近では存在します。

忙しくて店舗に来店する事が出来ませんが使えますか?

来店不要で利用したい場合はネットを利用する事により申込からあなたの口座までの振込み依頼に対応しています。ネット完結が希望の場合は午前中に申込していないと即日融資できない可能性があります!

まだ申込してないんだけど今日申込みで今日つかえますか?

お急ぎの場合はネット申込を活用しましょう、消費者金融のカードローンを利用した場合は最短申込みから1時間融資もできます。急いでいる場合は1秒でも早い申込を意識する事がおすすめです。

まとめ

お金を借りる時に知っておくと得をする情報を簡単にまとめてみました、最近ではネットを活用する事で簡単に素早くお金を借りる事ができるようになってきました。あなたの目的に合わせて借入先は選ぶように心がけましょう、長期的な高額なお金を借りる際は銀行の目的ローン、低金利で自由に利用できるお金を借りたい場合は銀行カードローンやフリーローン、急いでお金が必要な場合は消費者金融のカードローン。特殊な事情でお金が必要な場合は行政機関への相談、しっかり返済計画を立ててお金を借りるように心がけるようにしましょう。

The following two tabs change content below.
クレぽん。編集部

クレぽん。編集部

「クレぽん。」の運営を行っています。クレジットカードに関する情報をわかりやすく伝える事ができるように日々勉強中です。

-カードローン

Copyright© クレぽん。 , 2018 All Rights Reserved.