来店不要で即日融資できるカードローンは?申込方法と返済方法

更新日:

急な支払いが発生して、できるだけ早くお金が必要になるケースがあります。そんなときに、申し込んでから即日で融資してくれるカードローンを知っていると、とても便利です。

さらに、一度も消費者金融の店舗や銀行に出かけなくても、パソコンやスマホから手続きするだけで即日融資してくれるところもあります。人に見られることなく、しかも申し込んだその日にお金を借りられるとしたら、とても便利ですよね。

そこで今回の記事では、来店不要で即日融資してくれるカードローンの特徴と申込方法をご説明し、カードローン会社をいくつかご紹介します。中には初めての利用者に対して一定期間無利息のサービスを提供している会社もありますから、いざというときに備えて申し込むための方法を頭の中に入れておきましょう。

来店しなくても即日融資が可能

最近のカードローン会社は、申込から早くお金が借りられる仕組みを整えることで「即日審査」「即日融資」をアピールするところが増えています。大手消費者金融ですと、審査が30分で完了し、申込から最短1時間ほどで融資してもらえるケースが増えています。

まずは、ネットを駆使して即日融資する方法をご説明します。

自動契約機利用だと来店が必要

お金を借りる方法として、自動契約機からカードを発行してもらう方法があります。カードを発行してもらい、そのカードでコンビニや銀行のATMからお金を下ろすことができます。

限度額の範囲内で自由にお金を引き出すことができるメリットがある一方で、自動契約機のある店舗まで出かけないといけません。他の人から見られるのをどうしても避けたいのであれば、来店不要で申込から振込まで完結させるべきです。

口座振り込みをおすすめ

自動契約機以外に、指定した銀行口座に借りたお金の振り込みを依頼する方法があります。これだと申込から融資まで、すべてのプロセスが来店不要(それどころか外出すら不要)で完結します。

ただし、銀行口座の振込可能な時間の制約を受ける点には注意が必要です。例えば、三井住友銀行の口座の場合、平日0:00~17:30は即時入金されるものの、それ以降ですと翌営業日9:00頃までに入金となります。

土日でも提携銀行に口座があれば即日融資可能

カードローン会社と銀行口座の関係次第では、土日を含めて24時間365日いつ申し込んでも即日融資可能な場合もあります。

例えば、アコムでは楽天銀行と提携しているため、樂天銀行の口座への振込は土日を含めていつでも対応しています。また、銀行のカードローンでも、三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)では三菱東京UFJ銀行の口座にいつでも即日融資してくれます。

パート・アルバイトでも可能

消費者金融のカードローンであれば、安定した収入があるとパート・アルバイトでも融資可能です。

ただし、勤続年数の長い方が審査に有利なので、最低でも半年以上は同じ職場への勤務歴を持っていることが条件となります。また、審査に通ったとしても限度額は50万程度が上限となる可能性が高いです。

カードローンの申込の流れ

来店せずに即日融資するためには、申込方法を工夫する必要があります。パソコンやスマホで申込を行い、振込融資を選択しましょう。

  1. WEBで申込
  2. 申込方法には電話や店頭窓口などがありますが、パソコンやスマホを持っているのであれば、WEB申込が最も簡単です。メールアドレスを登録しておけば、審査結果などをメールで受け取ることも可能です。

  3. 必要書類は画像アップロード
  4. WEB申込の場合、本人確認書類や収入証明書などの必要書類はスマホやデジカメで撮影し、所定のページにアップロードする形式で提出します。

    あらかじめ免許証や源泉徴収票などを撮影しておくと、申込も簡単です。

在籍確認は書面で代替できる可能性も

勤務先に間違いなく所属していることを確かめる「在籍確認」は、基本的に電話で行われます。担当者が会社の名前を出さずに職場へ電話をかけ、申込者が在籍していることを確かめます。

利用する側からすると、なるべく職場への電話は避けてほしいものではあります。原則として在籍確認を回避することはできませんが、会社によっては書類の提出で代替してくれるところがないわけでもありません。

例えば、少額の申込限定で書類の提出による在籍確認が可能となっています。なお、銀行の審査は消費者金融より厳しく、在籍確認も電話できっちり行うところばかりです。

返済も口座振替が可能

お金を借りた後の返済も、外出せずに行うことができます。返済方法として口座振替を選択すれば、毎月の返済日に返済額が引き落とされていきます。

ただし、返済額以上を銀行口座に入金しておくようにしましょう。

来店不要+即日融資のカードローン紹介

来店不要で即日融資が可能なカードローンをいくつかご紹介します。金利や申込期限などを参考にしたうえで、どこから借りるのか決めるようにしましょう。

プロミス

金利  :4.5~17.8%
申込期限:平日午前中(14:00までに振込依頼) ※三井住友銀行かジャパンネット銀行なら24時間365日融資OK

プロミスでは、平日午前中に申込を行えば、銀行が閉まる15時までに審査から契約まで完了する可能性が高いので、即日融資が実現しやすいです。

外出は必要になってしまいますが、自動契約機は9:00~22:00(※一部21時もあります。)まで、営業しています。審査が21時頃に完了すれば即日で融資可能。

なお、三井住友銀行やジャパンネット銀行の銀行口座を持っていれば、「瞬フリ」というシステムで24時間365日、土日でも即日融資が可能となっています。

この2つの口座を持っている人であれば、プロミスを利用するのが便利です。

アコム

金利  :3.0~18.0%
申込期限:平日午前中(14:30までに振込依頼) ※楽天銀行なら0:10~23:50振込可能

アコムでは、申込から契約が終わり、振込依頼を14:30までにできれば即日融資が可能となっています。かなり早めなので、申込は午前中の早い時間に行うようにしましょう。

なお、楽天銀行だと0:10~23:50とほぼ一日中振込が可能。楽天銀行の口座を持っている人であれば、アコムの利用をおすすめします。

SMBCモビット

金利  :3.0~18.0%
申込期限:平日午前中(14:50までに振込依頼)

SMBCモビットには特に提携銀行がないため、24時間振込依頼ということはありません。14:50までに振込依頼をかけないと即日融資が難しいので、逆算して考えると午前中には申込を終えておく必要があるでしょう。

みずほ銀行カードローン

【エグゼクティブプラン】
金利  :3.0~7.0%
【コンフォートプラン】
金利   :3.5~14.0%
申込期限:平日午前中

みずほ銀行のカードローンで即日融資してもらうためには、まず絶対条件としてみずほ銀行の口座を持っていることと、平日午前中に申込を終えることが挙げられます。

そもそもみずほ銀行の口座開設がカードローンの契約プロセスにおいて必須となっているため、口座を持っていないと開設までに時間を取られて即日融資は不可能です。

また、ホームページ上で「午後の申込の場合は翌営業日以降の融資」と記載されていますので、午前中に申し込むことも絶対条件です。

楽天銀行スーパーローン

金利  :4.9~14.5%
申込期限:平日午前中

楽天銀行では、最短で即日融資とホームページに記載されてはいるものの、同時に「審査日数は通常当日~2営業日」とも書かれています。

したがって、平日午前中に申し込んだとしても、必ず即日融資してもらえるとは限りません。確実に即日融資してもらいたいのであれば、他社の方が可能性が高いでしょう。

新生銀行カードローン レイク

金利  :4.5~18.0%
申込期限:平日14時(14時までに申込と必要書類の確認完了)

レイクでは、14時までに申込と必要書類の確認が完了すればその日のうちに振込可能であることが記載されています。

必要書類をあらかじめ用意しておくことと、やはり安全を期して午前中には申込を終えておきたいところです。

まとめ

消費者金融や銀行を訪れることなく、即日で融資してもらうことが可能です。

そのためには、インターネットで申し込むことと、融資方法として銀行口座への振込を選択すること、必要書類をあらかじめスマホで撮影してすぐアップロードできるよう準備しておくことが条件となります。

また、カードローンによって若干申込期限となる自国は異なりますが、おおむねどこでも午前中に申し込んでおけば当日中に審査完了→融資が可能となります。

プロミスやアコムのように、カードローン会社によっては、特定の銀行口座のみ24時間365日振込可能なケースもあります。

どうしても人に見られたくないのであれば、今回ご紹介したような方法で来店せずに即日融資してもらう方法があることを覚えておきましょう。

The following two tabs change content below.
大福汁粉

大福汁粉

手持ちのクレジットカードのポイントを効率的に貯めてニヤニヤするのが趣味の三十路スイーツ男子。好きな言葉は「ポイント5倍」。カードローンやクレジットカードの記事を書いています。

-即日融資

Copyright© クレぽん。 , 2018 All Rights Reserved.