モビットの「カード申込」と「WEB完結」の申込方法は?メリット・デメリットと審査内容を詳しく説明


モビットのメリットやデメリット、申込方法などについてご紹介します。

モビットでは、「カード申込」および「WEB完結」というかたちで手続きを2通り用意しており、それぞれ申込方法や契約の方法、融資や返済に至るまで若干の違いがあります。自分の状況次第で、どちらにするべきかが変わってきますので、そちらが理解できるよう説明を進めていきたいと思います。

カードローンは借金であることには変わりはありませんが、正しく利用して誠実に返済できればそれほど恐れるべきものでもありません。いざというときのために、今回の記事を読んで上手にモビットを利用していきましょう。

モビットの概要

まずはモビットの金利や限度額、特徴などについて簡単にまとめておきましょう。

モビットの基本情報

モビットのカードローンの基本的な情報は以下の通りとなります。

実質年率 3.0~18.0%
限度額 1~800万円
申込方法 インターネット(パソコン・スマホ・ケータイ)、電話、ローン申込機、郵送
事前審査 10秒簡易審査
借入方法 口座振込、提携ATM
返済方法 口座振替(三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行のみ)、提携ATM

金利の幅が3.0~18.0%と広くなっていますが、借入額が小さければ高い金利、大きければ低い金利が適用されると考えるべきですが、初回利用の場合は、モビット側の「信用」もありませんから、おおむね18.0%が適用されるつもりで返済計画を立てるのが無難でしょう。

「WEB完結」だと外出不要で全手続きOK!

モビットでは、「WEB完結」と呼ばれる手続き方法を用意しています。

WEB完結を利用できれば、申込だけではなく契約や融資、返済に至るまで一歩も外出することなく済ませることが可能となります。ただし、申込対象や利用条件がいくつか用意されており、誰でも利用できるわけではありません。

詳細はこちらのページを参照してください。

モビットのメリット

概要をまとめたところで、モビットの特徴をメリット中心にまとめていきましょう。

WEB完結だと人に知られず手続き可能

前述の通り、WEB完結を利用できれば外出せずに全ての手続きを済ませることができるようになります。

これだと、電話連絡もなければ郵送物もないため、家族や職場の同僚を始めとして、他人にカードローンの利用の事実を知られるリスクがほぼゼロ。絶対に他人に知られたくない、と思う人であればモビットのWEB完結の利用を検討しましょう。

審査スピードが速い

モビットは申込後、10秒で事前審査の結果がわかるのもメリットです。

もちろん、本審査の結果は審査の内容に応じて、時間帯や申込内容次第では数時間、あるいは翌営業日にまで及ぶ可能性もあります。

ただし、これは申込時間帯や事前準備を工夫することである程度は防ぐことができます。モビットに限らず、他社のカードローンでも審査時間が伸びる可能性のあることは理解しておきましょう。

即日融資を受けられる

審査のスピードが速いことに関連して、「即日融資」を受けられるのもメリットです。即日融資とは、申し込んだその日にお金を手にすること。即日融資に関しては審査の結果によっては不可となる場合もあります。

申し込んだ曜日や時間帯、申込方法によって即日融資の条件は異なります。詳細はこちらのページで説明しておりますので参照してください。

モビットのデメリット

モビットには、いくつかデメリットもあります。デメリットを許容できるか回避できるのであれば問題ありませんが、あらかじめデメリットの存在自体は知っておきましょう。

無利息サービスが存在しない

アコムやプロミスなど、他の大手消費者金融ですと初回利用者を対象とした無利息サービスが展開されています。

しかし、モビットではそうした無利息サービスが存在しないため、初回利用者にとってもお得感がありません。他社の無利息サービスについては、こちらのページを参照してください。

返済時に手数料のかかることがある

返済方法によっては、手数料がかかるケースもあります。

例えば、提携ATMから返済したときは、曜日・時間帯によってその金融機関の定める手数料が取られてしまいます。また、銀行振込の場合は利用額1万円以下なら108円、1万円超だと216円の手数料となります。

口座引き落としにすれば手数料は無料なのですが、残念ながら口座引き落としが可能なのは三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行のみで、それ以外の銀行口座を引き落とし対象として指定することはできません。

モビットの契約手続き

モビットを利用する場合の契約手続きについてですが、申込手続きのうち「WEB完結」については、こちらのページも併せて参照してください。

申込前に「お借入診断」を利用しよう

申込手続きに入る前に、借入ができるかどうかシミュレーションしてみましょう。モビットでは、こちらのページ(https://pc.mobit.ne.jp/web/pc/AP041S0000.do)から「お借入診断」を利用することができます。

生年月日と年収、他社の借入金額を入力することで簡単に診断が可能です。もちろん、診断の精度がそれほど高いわけではありませんから、ここで「借入可能」と診断されたにもかかわらず審査落ちする可能性はあります。

しかし、自分が借入できるかどうかの見通しをつけるための参考になります。

必要書類を揃えておこう

本人確認書類および収入証明書の写しを契約の際に提出しますので、事前に揃えておきましょう。

本人確認書類は、運転免許証か健康保険証、パスポートのうちどれか一つでOKです。有効期限切れになっていないことを確認してください。

収入証明書として提出可能なのは、源泉徴収票、所得証明書、税額通知書、確定申告書、給与証明書など収入額の書かれた書類のうちどれか一つです。なお給与証明書は直近2ヵ月分を用意し、さらに直近1年分の賞与証明書も提出しましょう。

早く手続きしたいならネット申込がおすすめ!


前述の通り、申込方法としてインターネット(パソコン・スマホ・ケータイ)、電話、ローン申込機、郵送といくつもあります。

ただし、とにかく早くお金を手にしたい場合はインターネット(ホームページ)経由で申し込むのがおすすめです。曜日や時間帯を問わずに申し込むことができますし、急ぎの融資に対応しています。

申込後にフリーコールに電話しよう

早く手続きしたい場合には、申し込んだ後にフリーコール(0120-03-5000)へ電話をかけることを忘れないでください。急ぎであることを担当者に直接連絡することで、審査の優先順位を上げてもらえます。

即時審査開始!

急ぎであることを伝えれば、すぐに審査を開始してくれます。また、審査結果も電話で直接通知してくれる(場合によってメール通知のことも)ので、スムーズに契約手続きに入れます。

なお、WEB完結を利用した場合は必ずメール通知となります。忘れずメールボックスをチェックしてください。

振込の場合は14:50までに手続き完了

融資方法として銀行口座への振込を選択した場合は、銀行の営業時間内でないと対応されません。

そのため、平日の14:50までに契約まで手続きが完了すれば、その日のうちに振り込みまで完了します。これ以外の時間帯ですと、翌営業日の振込対応となります。

カード利用の場合はローン申込機の営業時間内に手続き完了

ローンカードを利用する場合は、ローン申込機の営業時間内に手続きを済ませる必要があります。

ローン申込機の営業時間は、8:00~21:00。

平日も土日・祝日も利用できますので、平日の夜や休日に申し込む場合はこちらの融資方法を選択しましょう。WEB完結の場合はこちらを利用できない(振込のみ)ので注意してください。

返済方法は3通り

返済方法は、口座振替・銀行振込・提携ATMの3通りあります。※口座振替・銀行振込・提携ATMがあるが、WEB完結なら口座振替のみ

ただし注意点として、口座振替は三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行の口座を持っている場合のみ可能となっています。他行の口座しかない場合は、便利な口座振替を利用することはできません。

また、手続き方法としてWEB完結を利用する場合は、返済方法は口座振替だけに限定されています。銀行振込や提携ATMで返済することはできません。

なお、返済額についてはこちらのページ(http://pc.mobit.ne.jp/web/pc/AP001S0500.do)から返済シミュレーションを行えます。借入金額に応じた月々の返済金額や返済期間を計算できますので、返済の見通しをつけるためにもやっておくとよいでしょう。

モビットの審査内容と所要時間

ここまで手続き方法を解説しましたが、最後に審査の内容や所要時間について取り上げます。

カードローンの申込から契約の手続きにおいて、最大のハードルは審査です。審査について知識を持つことで、少しでも通過できる可能性を高めましょう。

事前審査は申込後すぐに画面表示

申込前の「お借入診断(https://pc.mobit.ne.jp/web/pc/AP041S0000.do)」は、生年月日・年収・他社借入金額の3項目を入力後すぐに結果が表示されます。

また、ホームページから申し込むと、申込完了後に「10秒簡易審査」として仮の事前審査結果が画面に表示されます。事前の審査に過ぎませんが、結果をすぐに確認することができます。

申込条件に合うか審査

申込条件としてホームページに明記されているのは、「年齢満20歳以上69歳以下の安定した定期収入」のある人です。アルバイトや派遣社員、パート、自営業でも、安定した収入があればモビットのカードローンを利用可能です。

また、審査では他社の借入金額や件数が多いと「家計に余裕がないのでは?」と判断されて審査落ちする可能性が高まります。加えて、過去に金融事故(債務整理、返済の延滞など)を起こしていると審査においてきわめて不利になります。

まとめ

モビットの最大の特徴は、「WEB完結」としてネット上で申込から契約、融資、返済まですべて済ませられる手続き方法をパッケージ化している点です。

ただしWEB完結だと平日14:50までに手続きが終わらないと、融資は翌営業日にずれこみます。夕方以降や休日に申し込んで、必ずその日にお金を手にしたい場合は「カード申込」でローンカードを発行してもらうようにしましょう。

また、借りる前に「お借入診断」、できれば返済シミュレーションを利用して見通しをつけてから申し込むのがおすすめです。

◎⇒消費者金融で即日融資も可能なカード一覧

Copyright© クレぽん。 , 2017 All Rights Reserved.