クレジットカードで海外のATMで現金を引き出すためには?

投稿日:

海外旅行経験が少ない人の中には「現地通貨をどのように手に入れるか?」で悩んだことがある人も多いのではないのでしょうか。

一番単純な方法としては日本から現金を持ち運んで現地の両替所で変えてもらうことなのでしょうが、海外での盗難のリスクも考えれば安全な方法とは言い切れません。

ほんの数年前までは多額の現金を持ち歩かなくて済むようにトラベラーズチェックという外国旅行者向けの小切手も発売されていましたが現在では販売が終了しています。

では現在の主流の手段はなにかというと以下の二つの手段となっています。

  • 国際キャッシュカードの利用
  • クレジットカードの海外キャッシング利用

これらの手段を用いることで現地のATMから簡単に現地通貨を得ることが可能です。今回はこの二つの手段について詳しく解説していきたいと思います。

国際キャッシュカードの利用

国際キャッシュカードとは海外のATMから日本の自分の口座にある現金を下ろせるカードです。日本でキャッシュカードを使って現金を得るのと同じような簡単な手順で現地通貨を手に入れることが出来ます。

主要な国際空港にはたいていATMが設置してあるため、現地についてATMを探すのに手間取ってしまうという心配も必要ありません。

国際キャッシュカードを利用するメリット

  • 多額の現金を持ち運ぶ必要がなくなるため安心
  • 海外旅行をする上で、盗難・強盗に遭うリスクというのも考慮に入れておかなければなりません。

    日本から現地で必要な現金をすべて持ち運んでいて盗難に遭った場合、最悪旅行を続けることが出来ません。

    その対策として「多額の現金を持ち運ばない」という対策があります。

    国際キャッシュカードを持っていれば財布の中に多額の現金を持ち歩かず、必要な時に必要な額を国内の自分の口座から引き出すことができるため、安全性は高くなります。

  • 使いすぎる心配がない
  • クレジットカードを持つことを嫌う人の中には「借金みたいで嫌だ...」[使いすぎてしまうかも…]といった理由の方も多いと思います。

    先ほども申しましたが国際キャッシュカードでは使えるのはあくまで「国内の自分の口座に入っている分」だけですから使いすぎる心配はありません。

  • 審査の必要がない
  • クレジットカードのように信用情報が必要なカードではないので審査は必要ではありません。

    高校生からも作れますので、留学している子供の仕送りなどにも役に立ちます。

国際キャッシュカードを利用するデメリット

  • 自分の口座に入っている金額以上は引き出せない
  • メリットで「使いすぎる心配がない」と紹介はしましたが、人によってはこれがデメリットに感じてしまう人もいるかもしれません。

    なにせ自分の口座に入っている金額以上は引き出せないものですから現地で自分が予想していた以上に現金を引き出してしまった場合、クレジットカードでも持っていない限り国際キャッシュカード1枚だけではどうすることもできません。

    これを避けるために日本にいる間に旅行の予算+αの資金を対象口座に移動しておく手間もかかります。

おすすめ国際キャッシュカード

ここでは国際キャッシュカード機能付きのデビットカードを含めて紹介していきます。さまざまな金融機関から国際キャッシュカード機能付きデビットカードは発行されていますがカードごとに発行手数料や年会費、出金手数料や両替手数料がかかります。

その中でも現金を引き出す際に手数料が少ないおすすめのカードを紹介したいと思います。

イオン銀行デビットカード

イオン銀行デビットカードは年会費が無料で作成できるイオン銀行キャッシュカードとデビットカードが組み合わさったカードです。

今回注目したい海外ATMでの引き出し時にかかる手数料は、ATM利用料216円/1回+取引金額(円)に対して1.6%の手数料となっています。ですから海外ATMで10万円を1回で引き出すと考えると手数料は全部で101816円かかることになります。

多くの国際キャッシュカードでは取引金額に対する手数料の割合は2~3%台なのでイオン銀行デビットカードの1.6%というのはかなり低い割合となっています。

また、デビットカードとして国内で使用する場合はイオングループで以下のようにお得に利用することができます。

  • イオングループでの買い物でときめきポイントが2倍
  • 毎月20日・30日のお客様感謝デーで買い物代金が5%OFF

普段からイオングループをよく利用して、海外旅行にもよく行かれる方は使用を検討してみるのもいいと思います。

Sony Bank WALET

Sony Bank WALLETは年会費が無料で作成できるソニー銀行のキャッシュカードとVISAデビットが組み合わさったカードです。

海外ATMから現地通貨を引き出す際、

  1. 利用通貨の外貨普通預金口座に残高がある場合には手数料として取り扱い金額の1.76%の手数料がかかり
  2. 外貨普通預金口座が未開設の場合は円預金普通口座から現地通貨を引き出すことになりその場合は取り扱い金額の1.76%の手数料+海外ATM利用料216円(税込)がかかります。

こちらも取り扱い金額に対する手数料が1.76%で、イオン銀行デビットカードと同じく海外ATMからの引き出しの際の手数料が一般的な国際キャッシュカードよりも安くなっています。

またVISAデビットなので世界中の約3800万店舗で使用することができます。

特典として

  • 国内ショッピングでこのカードを用いることで利用額の0.5%から2.0%が優遇プログラムのステージによってキャッシュバック
  • ソニー銀行から他の国内金融機関への振込手数料が毎月二回まで無料

などが挙げられます。

クレジットカードの海外キャッシングの利用


クレジットカードでも国際キャッシュカードと同様に海外ATMから現地通貨を引き出すことが可能です。

国際キャッシュカードと異なる点は国際キャッシュカードが「国内の自分の口座からお金を引き出す」のに対してクレジットカードの海外キャッシングでは「海外ATMを介してカード会社からお金を借りる」という点です。

ですから国際キャッシュカードでは気にする必要がなかった「利息」を気にする必要があります。

ただ利息を考慮に入れても、国際キャッシュカードとクレジットカードの海外キャッシングでは後者の方が余計なお金をかけずに現地通貨を手に入れることが出来ます。

クレジットカードのキャッシングのメリット

  • 多額の現金を持ち歩かなくて済む
  • これは国際キャッシュカードのメリットと同じです。やはり海外では手持ちの現金が少ない方が安心感があります。

  • 為替レートがお得
  • 日本から円を持ち運んで現地通貨に引き換えるよりもクレジットカードの海外キャッシングの方がおすすめされるのは「安全性」の他にも、よりお得なレートで現地通貨を得ることができるからです。

    例えば現地空港で日本円10万円分を両替しようと思うと両替手数料は約3,000円かかります。

    これに対して海外キャッシングでは金利がたいてい年18%前後でひと月ほど借りていたとすると約1.5%(18%×30/365)程度の金利が発生して10万円キャッシングした場合は1500円の利息が発生することになります。

    この場合ではATM手数料を考慮しても海外キャッシングの方が約半分の手数料しかかかっていません。

    さらに「繰上返済」をすることでさらに支払う利息を減らすことができます。

    繰上返済の方法はカード会社に確認してみるとよいでしょう。指定口座に振り込んだり、国内の指定ATMから返済する方法などさまざまな方法があります。

    短期旅行の場合は全日程が1週間くらいのことが多いでしょうから帰国後すぐに繰上返済をすれば支払う利息は先ほど示した利息の1/4程で済みます。

クレジットカードのキャッシングのデメリット

  • キャッシング利用枠までしか利用ができない
  • 当たり前と言えば、当たり前なのですが国内でも海外でも事前に決められた枠の分でしかキャッシングを行うことができませんから、無制限にお金を借りられるわけではありません。

    現地についてからお金で困らないためにも、旅行前にキャッシング枠の確認と旅行において利用できる金額を確認するようにしてください。

おすすめカード

海外キャッシング時により少ないコストでキャッシングが可能なクレジットカードをおすすめカードとして選びました。

セディナカード

セディナカードは海外キャッシング時にかかる手数料がとにかく安いため、海外キャッシングをお得に利用したいと考えている方に最もおすすめできるカードです。年会費も無料ですから海外キャッシング用のカードとして持つこともできます。

実はクレジットカードで海外キャッシングを利用したとしても金利は各金融機関で大きな差はありません。

セディナカードが優れているのは「Pay Easyというサービスを用いてインターネットから簡単に返済できること」です。これがどうして優れているのかというと、多くのクレジットカードの場合はこのようにインターネットを用いて繰上返済をできる場合は少なく、電話でクレジットカード会社に返済額と振り込み方法の確認をしなければいけないという手間がかかるからです。電話で確認ということは電話料金もかかってしまい返済に関して無駄なお金を取られてしまうことになります。

Pay Easyを用いることで繰上返済時の振込手数料も無料になりますからセディナカードで海外キャッシングをした場合、かかる手数料としては金利のみになるのでとてもお得に利用できるのです。

他のカードでは年会費やATM引出料、繰上返済振込手数料などでお金がかかる場合が多いです。

セディナカードの他の特徴として

  • ・セブンイレブン・イトーヨーカドーでの利用でポイント3倍
  • ・セディナポイントモールを経由してのネットショッピングでポイント最大21倍

などが挙げられます。

利用できるATMと注意点

利用できるATM

海外ATMのすべてで国際キャッシュカードや海外キャッシングを利用できるわけではありません。利用可能なATMにはロゴが表示されています。

VISAの場合

MasterCardの場合

JCBの場合

海外ATMを利用する際には自分のカードの国際ブランドとATMの上記のマークを照らし合わせるようにしましょう。

海外ATM利用の際の注意点

海外のATMを利用する際には気をつけたいことがあります。

  • スキミングに注意
  • スキミングとはATMなどにカードを挿入する際にカード情報が抜き取られて、カード自体は自分の手元にあるのに知らないうちに不正利用されてしまうという犯罪です。海外では比較的多い犯罪手法の1つになっています。被害に遭わないようにするために以下のことに気をつけましょう。

  • 利用するATMを選ぶ(銀行に設置してあるATM、利用者の多いATMのほうが被害に遭いにくい)
  • カード情報とともに暗証番号も盗み出さなければいけないため、隠しカメラが設置されていることがあります。暗証番号を打ち込む際に手で覆うようにして打ち込み、隠しカメラに映らないようにしましょう
  • 話しかけて来る人に注意
  • ATMの操作をしている際に周囲にいる人から話しかけられることがあります。その際に正直に対応してATMから目を離してしまうと、現金とカードが抜き取られている…という事態もあり得ますので、もし話しかけられたとしても、カードと現金を自分の手元に確保したうえで対応するようにしましょう。

  • 引き出すATMを選ぼう
  • 治安が悪い地域では人通りが少ないようなATMでお金をおろした場合、おろした瞬間を強盗に狙われる場合があります。ATMを利用する際は人通りの多い、人目につく場所でおろした方がより安全だと言えます。

The following two tabs change content below.
kokicker

kokicker

北海道出身で、現在大学3年生です。限られた利用額の中でなるべく効率的にポイントを貯めたいと考えています。クレジットカードの魅力をわかりやすく読者にお伝えします。

-クレジットカードの基本

Copyright© クレぽん。 , 2017 All Rights Reserved.